ゲームまとめ

小島監督「デスストではサブクエストのクリア後も依頼人との繋がりを感じられる」

投稿日:

038ca6c39276ba6eb98e61ef9a056def
1: 名無しさん必死だな 2019/10/06(日) 07:48:11.97 ID:A3TGMieXd
https://www.reddit.com/r/DeathStranding/comments/ddlm0z/some_details_of_garage_public_talk_with_hideo/
10月4日、小島秀夫はモスクワのガレージミュージアムオブモダンアートでの作品の公開討論に参加しました。
彼は、具体的なメカニズムを例として使用して、デスストランディングの接続の概念について話し、
ゲーム業界での彼の使命のビジョンを共有しました。

小島:
過去30年間、ゲーム業界には棒しかありませんでした。
もちろん、棒のゲームは大好きですが、縄が登場する時が来ました。
この考えを続ければ、全世界を縄でつなぐことができます。
それは橋を建設するようなものです。そして、私たちのゲームでは、
場所を接続することでこれを行います。
これはオープンワールドゲームであるため、アクションの順序を選択できます。

例えば、地下深くに住んでいるキャラクターがいます。
彼は病気で薬を必要とし、サムはそれを届けることができます。
これはストーリーの最初に起こるため、これは必須です。
このクエストを完了した後、プレイヤー自身が次のアクションを選択します。
常に老人のところに行って薬を運ぶことができます。
他のアイテムを配送できます。彼の過去の話を聞くことができます。

しかし、プレイヤーは常に前進し、キャラクターから遠ざかります。
そして、私はこの老人を忘れるゲーマーがいると確信しています。
そして、彼らは覚えて、それに戻ります。
彼らはずっと彼に薬を運んでいないので、彼はこの瞬間までに死ぬでしょう。
このようなアクションを通じて、キャラクターとのつながりが生じます。

人と人とのつながりの重要性-それがどのように形成され、
どのように発展するか-が明らかにされ、あなたがそれをプレイすることが面白いことを本当に願っています。


続きを読む

Source: ゲーム感想・評価まとめ@2ch
小島監督「デスストではサブクエストのクリア後も依頼人との繋がりを感じられる」

-ゲームまとめ

Copyright© のぶりん’s GAME , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。