ゲームまとめ

鉄拳原田、対戦ゲームのバランス調整について「統計が全てではない」

投稿日:

images
: 名無しさん : 2021/04/19(月) 13:56:09.28 ID:ntoLhYEja
原田氏:
鉄拳7では、数百万人いるユーザーのプレイデータから、各キャラクターの勝率や使用回数など様々な統計情報を作っている。

・ネット上で「強すぎ」と言われているキャラは実際のところ勝率が低かったりする。

・今の時代、ネット中継された大会で起きたことの"印象論"が全てを支配し始めている。

・実際のユーザーは統計データ上位のキャラにボコられているのに、大会のトッププレイヤーが発揮した"例外"の戦いによって起きたものが「Tier list(強キャラランク)」として語られる。

・そうなると、統計を取っているからバランスのいいゲームを作れる、という状況ではなくなってくる。

・「いつも大会に出てる」「いつも大会で勝っている」という、もはや「感情論」に近いものを調整したほうが「いいゲーム」だと言われる時代になっている。


・大会でずっと勝っているキャラをナーフ(弱体化)したり、なかなか出てこないキャラを強化して、たまたま大会で使われた時に「いいゲームだ」と言われるのであれば、(統計上そうでなくても)そっちを優先したほうがいいとなる。

・そういう意味では、大会で現地やネット上で叫ばれている言葉というのは、とても影響を与えている。

・本当は統計データを公開したいが、そうなると今度は、この統計データが「Tier list」になってしまう。

・ツイッターをやっていると、統計データよりも「あのキャラいつまでクソなんだよ」という一言のほうが余程響く。

以下略

Katsuhiro Harada
@Harada_TEKKEN
だがしかし今回放送後に肝心のクソリプが来ないという。

兎にも角にも番組高評価のようで良かったです。 



続きを読む

Source: ゲーム感想・評価まとめ@2ch
鉄拳原田、対戦ゲームのバランス調整について「統計が全てではない」

-ゲームまとめ

Copyright© のぶりん’s GAME , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。