ゲームまとめ

『FF7』エアリスの“花売り”は隠語? いかがわしい解釈が消えないワケ

投稿日:

no title

 1: 名無しさん : 2023/01/02(月) 14:43:18.14 ID:zsX8Yo390

名作RPG『ファイナルファンタジーVII』(FF7)の2大ヒロインの一角である、「スラムの花売り」ことエアリス。この「花を売る」の意味をめぐり、さまざまな議論が交わされてきたが、実際のところはどうなのだろうか。

エアリスは夜の蝶だった?

エアリスは、もとはミッドガルにある「伍番街スラム」にいた少女。教会に生い茂った草花を世話しており、そこで採取した花を1ギルで売って暮らしている。

そんな彼女には、自己紹介で「スラムの花売り」と名乗るシーンがあった。「花を売る」という言葉を、いわゆる「春を売る」の隠語として解釈することは難しくない。

実際、1ギルしか儲けがない花では生計を立てにくいはず。スラムという土地柄が生活苦を反映しているのもあって、エアリスが身を売っているとウワサされることになった。

https://myjitsu.jp/enta/archives/115960


続きを読む
Source: ゲーム感想・評価まとめ@2ch
『FF7』エアリスの“花売り”は隠語? いかがわしい解釈が消えないワケ

-ゲームまとめ

Copyright© のぶりん’s GAME , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。